【大阪・貝塚人工島】青物、太刀魚、サビキに回遊が狙えて家族でも楽しめる柵ありの安心釣り場。

釣り場紹介

大阪の貝塚市にある、「貝塚人工島」は、沖に向かって埋め立てられた人工島です。

周りの埋め立て地と比べても、沖の方に出ているのが特徴で、回遊魚や沖にいる魚を狙いやすくなっています。

家族連れにも安心の柵付きで広い釣り場は、大阪の中でも人気のスポットになっています。

貝塚人口島~基本情報~

住所:〒597-0094 大阪府貝塚市二色南町

駐車場:無料→釣り場近く(地図のところ) 有料→二色浜公園、海浜緑地駐車場(1日620円)

    無料の駐車場は、止めたら階段を上って行けばすぐに釣り場です。有料の方は、少し歩くので
    軽装が必要になります。

トイレ:なし 釣り場になし。二色の浜、海浜公園にあり。(釣り場から徒歩10分くらい)

周辺: 釣り具屋 一番最寄り→Tポート 〒597-0073 大阪府貝塚市脇浜4丁目34−14
     和歌山方面から →フィッシングマックス二色の浜店 〒597-0062 貝塚市沢881番
     大阪から26号線→フィッシングマックス岸和田店 〒596-0823 岸和田市下松町5032
     大阪から臨海線 →フィッシングマックス泉大津店 〒595-0051 泉大津市東港町11-33

おすすめ釣り:春、夏→青物、アジ、タコ 秋→青物、太刀魚、サビキ全般 
       年中、チヌやシーバス、根魚が狙えます。

貝塚人工島~釣り場紹介~

貝塚人工島は、大きく分けて3カ所の釣り場になっています。

その1~一番人気は柵があるベランダ~

テトラポット帯の続きにある沖向きのベランダは、このような柵になっています。

一番奥はこのようになっていて、広々とした釣り場が広がっています。

シーズンの時は、ここがすべて埋まります。

その2~西側沖向きテトラポット~

ベランダよりの方を撮影しましたが、とても広いです。

長い長いテトラポット帯が続いていて、反対側(右側)も、もっと続いています。

春から秋にかけて、青物を狙うショアジギングやのませ釣りの人で溢れ返っています。

それだけ釣果もあるということです。

その3~人工島プール~

写真の左側がプールと呼ばれるところです。現在は閉鎖されています。右側はベランダです。

人工島プールと呼ばれる、ベランダ側の内向きになります。

ここは、閉鎖されていることも多いので、狙っていくというよりかは、ベランダ側に行って場所が空いていなくて、プールが入れたらラッキーくらいに思っておきましょう。

アクセス

大阪方面、和歌山方面どちらからでも同じアクセス方法です。

大阪府道29号線(大阪臨海線)を貝塚方面に進んで「脇浜西」を曲がります。大阪方面からなら右折、和歌山方面からなら左折で貝塚人工島に入ります。その後、突き当りを左折して道なりに進めば釣り場の無料駐車場に到着します。途中に有料駐車場もあるので、無料駐車場が埋まっている場合は、有料駐車場にUターンして駐車しましょう。

貝塚人工島~狙える魚~

青物、太刀魚、根魚(ガシラ、メバル、アコウ、など)、アジ、サバ、イワシ、チヌ、アオリイカ、シーバス、カレイ、キス、タコ、など、時期に合わせて何でも狙うことができます。

春→青物、根魚、サビキ、

夏→青物、太刀魚、根魚、サビキ、キス、タコ

秋→青物、太刀魚、根魚、サビキ、カレイ、アオリイカ

冬→根魚、カレイ

季節ごとに狙える魚を挙げてみましたが、一例ですので、実際に足を運んでみると、「この時期に、青物が釣れる?!」といった驚きに出会えることもあります。

おすすめ釣法

おすすめは「青物とタチウオ」2つです。

春から秋にかけての「青物」

朝マズメ、夕マズメを狙って、多くのショアジギンガー達が竿を出しています。

魚影が濃いのもありますが、青物の回遊が頻繁にあるのは、大阪では数少ない場所になります。

ぜひ狙ってみてほしいところです。

夏から冬手前まで「太刀魚」

太刀魚が回ってくると、夕方から朝方にかけて、電気ウキが光り、「大阪の夏の風物詩」が見られます。大阪に太刀魚が入ってくると、ここでは必ずと言って良いほど釣れるので、ぜひ試してみてください。

注意点と改善方法

人気の釣り場なだけに、注意することがいくつかあります。

その1~駐車場~

駐車場は、二か所あります。

一つ目は、釣り場付近の西側と呼ばれるところは無料の駐車場になっていて、50台程度止めることができます。

しかし、人気の釣り場だけに青物や太刀魚、釣りのシーズンに入ると、夜中から午前中には埋まってしまいます。

その場合、二つ目の近くの有料駐車場を利用しましょう。

その2~柵がある釣り場はすぐに満員~

柵がある方は、貝塚人工島ベランダやプールと呼ばれる方です。安全に釣りが楽しめることから、家族連れに人気です。

しかし、すぐに埋まってしまうので、時間に余裕を持って場所を確保するようにしましょう。

柵がある方以外は、テトラポットになっているので、家族連れでは難しくなります。

改善方法

家族連れで、柵がある貝塚人工島のベランダ、プール側を確保するには、人より早く動き出すのが必要になります。

夜中から行動することや、午前中でも早い時間から動きだすこと、また、人が入れ替わる時間帯(お昼前後)を狙うことで、ストレスなく場所を確保することができます。

まとめ

大阪南部にある「貝塚人工島」は、潮通りが良く、青物や太刀魚がしっかりと回ってくる釣り場です。

家族連れでも楽しめる柵がある釣り場も魚影が濃いことから、大阪では人気の釣り場になっています。

トイレは少し遠くにありますが、安全な釣り場と安心の釣果実績から、シーズン中の週末は人で賑わっています。

時間に余裕を持って行動し、場所を確保して楽しい釣りをしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました